筏での出来事part1

釣行の合間に、筏で起こった過去の珍事件を紹介します。にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
それは、昔々、須賀利の筏(水深35m)での出来事である。(2年くらい前かな)
当時、須賀利での真鯛釣りにハマっていた会社の上司と、同僚含め4人で釣行した時のことです。
私はまだまだ初心者の域を脱していないレベルでしたが、(今でも初心者レベルか?)
釣行の度に、上司からタックル(特に竿)を新調する様に言われていた。理由は竿が長すぎて(180と210)かっこ悪い「筏の竿は短い方がかっこええで!そんな長い竿で、かっこ悪~!」・・・・・ほっとけ!ワシの勝手やろ!!!
しかし、あまりにも言うので、思い切って新しい竿を買っていたのだ。ちなみにダイワのブラックレディーフカセ150(その当時は社内でダイワの竿が流行っていた)。何が良い竿で、何が自分に、釣り場に合っているのか、何も考えずに買った!アホでした。(今は穂先を折ったままお蔵入り)
前置きが長くなってしまいましたが、新しい竿で張り切って団子を落とし、置き竿にしていた時である。(その当時は上向きリールで置き竿が普通やった?)
何かの拍子で、竿受けに当たってしまい、なっなんと竿、リール、もちろん糸、針すべてが・・・ドボン!!海の中に沈んでいくではありませんか・・・・・ガーン!!!!
竿は新品、リールはまだ、2回目くらい(ダイワ・チヌチェイサーやったかな?)。尻手ロープをベルトで繋いでいたが、ベルトの締め方が甘かった?
私はしばらく、口を開けたまま放心状態・・・・・・・・・・・
すると、しばらくして、隣で竿を出していた上司の竿が曲がる!ワシが困ってんのに、平気で楽しんどるがな
そして上司、「なんか魚じゃないみたい!タコかな~」
私、(心のなかで)「何でもええわ!プンプン!!」
なんと、上がってきたのは・・・・・・・・・私の落したタックルではないか!!!(そんな事ありえるんか~?)
私、「ありがとうございます、○○支店長!」→本当にありがたかった
ちなみにその日は、釣りどころではなく、坊主でした。(いつものことか?)
そして、最後のオチですが、年配の同僚A氏(前にブログにも登場)が、新調したばかりのメガネをドボン!!→そのメガネは、納竿まで誰も釣り上げることが出来ませんでした
少し、須賀利の紹介をします。一応尾鷲市になるのですが、昔は尾鷲から船でしか行けず、今でも国道からずいぶん入り込んでいる(峠越え)ので、釣り人が少なく、魚がスレていない?らしい。真鯛の大型(70㎝クラス)、チヌの大型(年無し当たり前)、外道のアジは40㎝クラス、カワハギも30センチクラスとびっくりサイズです。また、湾内は山に囲まれ、風、波の影響を受けにくい素敵な釣り場です。カセは浅場ですが、筏は水深があるので、団子の配合などはよく考えて釣行してください。あと、堤防からアオリイカもよく釣れるみたい。最近はいろいろ雑誌などで紹介されることも多いかな。
くだらない話で、写真も無く、すんません!おしまい。
スポンサーサイト

theme : 本日の小ネタ
genre : ブログ

comment

Secret

プロフィール

ヒデ

Author:ヒデ
1969年生 かかり釣り歴7年 ブログ歴5年 三重県松阪市在住 自己最長寸55.5㎝ 数釣匹数30尾

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
DigitalClock
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
kimagurehideをフォローしましょう
フリーエリア
検索フォーム
フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR